コミュニケーションをしっかりとることで不快感のより少ない内視鏡検査を行っています
TEL 03-6279-9894

専門医 北山 尚也

経歴

  • 1991年 順天堂大学医学部 卒
  • 1994年 順天堂大学医学部附属順天堂医院第二外科
  • 2002年 胃腸病院(四ッ谷)
  • 2010年 行徳総合病院外科
  • 2013年5月 荻窪かえでクリニック 開院

資格

  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本外科学会専門医
  • 日本医師会 認定産業医

胃の内視鏡

胃の内視鏡検査は、安心して治療を受けていただくための重要なステップ。ご不安をなくすことは大きな意味を持っています。嘔吐反射が起きない経鼻検査や鎮静剤を使った経口検査など、患者さまのご不安やご要望をうかがいながら検査方法をご提案しています。

詳細はこちら

 

大腸の内視鏡

食生活の変化により増えてきている大腸がん。大腸の内視鏡検査は、大腸の粘膜を直接観察することで炎症や潰瘍、ポリープやがんがないか調べることができます。便潜血検査で内視鏡検査の必要があると診断されたら、一度受けることをおすすめしています。

詳細はこちら

 

メンタルサポート

胃腸の不調にはストレスが大きくかかわっています。症状を起こしている原因のひとつであるストレスを軽減させるための方法を、患者さまといっしょに考えていくなど、メンタルの面でもサポートを行っています。なんでもお気軽にご相談ください。

詳細はこちら

医院紹介

荻窪駅前のメディカルビル3Fにある荻窪かえでクリニック。北山尚也院長は、消化器外科医としての長いキャリアを持っており、さまざまな症例を経験しています。それを活かした内視鏡検査では、より安全で丁寧な検査を行っています。患者さまのご不安をできるかぎりなくして治療を受けていただけるよう、わかりやすい説明や患者さまに合わせたご提案を行い、どんなご質問にも真摯に向き合うことを心がけています。

アクセス・診療時間料金表
診察室
受付
待合室
外観
検査風景
院内

このような症状はありませんか?

胃の痛み・
不快感

内視鏡検査で軽い炎症だとわかれば、安心して治療を受けられます。

胸焼け・
吐き気等

逆流性食道炎も内視鏡検査で正確に診断することができます。

食欲不振・
体重減少

胃のトラブルだけでなく、メンタル面でもサポートしています。

お腹が痛い

消化器系の他、さまざまな病気の可能性を考えながら診療します。

便秘・下痢

腸内環境、生活習慣、ストレスなど原因に合わせた治療を行います。

お腹が張る

消化器のどこでトラブルが起きているのかを見極めます。

血便・便が黒い

腸の炎症やポリープ、がん、痔による出血など原因をまず調べます。

背中・腰・
横腹が痛い

消化器の症状が背中などに出るケースがあり、注意が必要です。

荻窪かえでクリニック OFFICIAL SITE Doctor’s File ドクターズ・ファイル 院ブログ