下部消化器内視鏡

「思ったより楽でした」という感想が多い下部消化器内視鏡検査ですが、必要があると判断できる場合におすすめしています。



下部消化器内視鏡検査について

下部消化器内視鏡とは大腸内視鏡のことです。この検査では、肛門より内視鏡を挿入して、直腸から結腸や回腸末端にかけての大腸粘膜に生じた病変を直接観察し、粘膜に生じた炎症や潰瘍、ポリープやがんなどがないかを調べます。 大腸内視鏡検査は、大腸ポリープや早期の大腸がんを発見するためにもっとも有効です。大腸の内側には痛覚がないため、ポリープがあった場合には組織を採取して生検を行うこともできます。

大腸がんは近年、増加し続けており、注意が必要な疾病です。内視鏡検査は早期の大腸がんを見つけることが可能ですが、当クリニックでは、大腸ガンが心配という方には、便潜血検査をおすすめしております。便潜血検査は、その第一段階として有効な検査です。便潜血検査で陽性が出た場合に、内視鏡検査を受けていただくことで患者さまのお身体やお気持ちへのご負担もかなり軽減できると考えています。

検査に際しては、少量の鎮静剤を使ってウトウトしている状態で検査を受けていただくことも可能です。この場合、苦痛や不快感は少なくなります。

腸壁はとても薄い組織であることが外科医の長いキャリアの中で身に染みているため、慎重に、細心の注意を払って見ていきます。また、見落としがないよう通常は腸に空気を入れて膨らませて観察を行いますが、当クリニックでは身体に吸収されやすい炭酸ガスを使うことで検査後、お腹の張りがより早く収まるようにしています。

ご不安なく、リラックスして検査を受けていただくために、検査方法や内容についてわかりやすくご説明しています。気になる事がありましたら、なんでもお気軽にご相談ください。

下部消化器内視鏡検査の流れ

検査方法のご相談

検査内容について、実際にどういった検査が行われるのか、具体的に流れをご説明し、ご質問にお答えして、ご不安なく検査を受けていただけるようご相談していきます。内視鏡検査では大腸になにか残っていると見落としの可能性があるため、前日は消化の悪いものを避けていただく必要があります。そうしたご説明も丁寧に行い、わかりやすい小冊子などもお渡ししています。便秘がちな人には、数日前から準備をしていただくこともあります。

準備

検査前日の夜8時以降は食事をしないでください。
検査当日の食事も禁止です。ただし、お水を飲む程度は構いません。
(喫煙者の方は検査当日、朝から禁煙をお願いしています。)

検査

1下剤のような働きをする電解質液を飲んでいただきます。

電解質液は腸で吸収されないため、腸の中を洗い流す役目を果たします。

2肛門から出てくる便が透明になったら、検査が可能です。

下剤が出きってしまうと便意は収まってきますのでご安心ください。

3専用の検査着に着替えていただきます。
4左側を下に、ひざを曲げてベッドに横になっていただきます。

内視鏡を肛門から挿入して、一番奥の盲腸、上行結腸、横行結腸、S状結腸から直腸と大腸全体を詳しく観察します。通常は空気を入れて腸を膨らませますが、当クリニックでは検査後のお腹の張りを大幅に軽減できる炭酸ガスを使用しています。

5疑わしい場所があったら、組織を採取することがあります。

大腸内部には痛覚がないので、痛みはありません。

6大腸全体の観察が終わったら、内視鏡を静かに抜いて検査は終了です。

検査時間は10~15分程度です。

鎮静剤を用いるため、30分〜1時間ほど身体を休めていただきます。

荻窪かえでクリニック OFFICIAL SITE Doctor’s File ドクターズ・ファイル 院ブログ