内痔核(イボ痔)、裂肛(キレ痔)、痔瘻・肛門周囲膿瘍などの肛門の疾患を診療しています。

痔のような症状を起こす大腸の疾病もありますし、大腸の疾病だと思っていたものが痔だったということも珍しくありません。当クリニックでは、消化器をトータルに診療していますので、そうした場合にも正確な診断を行って的確な治療をご提案することが可能です。

痔が疑われる症状について

肛門が出っ張っている・膨らんでいる

内痔核、脱肛、肛門ポリープ、直腸脱、肛門周囲膿瘍などの可能性があります。

そのため、こうした症状に気付いたら、お早目にご相談下さい。

肛門から血が出る

内痔核(イボ痔)、裂肛(キレ痔)などの可能性があります。
ただし、大腸がんや特殊な大腸炎といった大腸の病気という可能性もありますので、大腸内視鏡検査を受お勧めすることもあります。

肛門に痛みがある・かゆみがある

裂肛(キレ痔)、血栓性外痔核、肛門周囲膿瘍、または脱肛などの可能性があります。
かゆみの場合、肛門部皮膚炎(湿疹)や肛門部白癬などの疑いもあります。

便が出づらい

痔核、大腸癌などの可能性があります。
この症状では、大腸に狭窄を来す病変が無いかをチェックする必要があります。症状により大腸内視鏡検査をおすすめしています。

痔の治療について

痔に関しては、貧血や脱肛が深刻な場合を除いて手術の必要があるケースはかなり少なく、ある程度がお薬でコントロ-ル可能です。

もし手術が必要な場合には、外科医としてキャリアを長く積んでいる院長が、信頼できるドクターや医療機関を責任もってご紹介しています。

なお、お話難い病状であれば、問診票に記入していただく以外は受付での説明は必要なく、直接診察室で医師と相談して頂いて構いません。

荻窪かえでクリニック OFFICIAL SITE Doctor’s File ドクターズ・ファイル 院ブログ