上部消化器内視鏡

 苦痛や不快感のほとんどない検査のために、きめ細かくご相談してご安心いただくことを重視しています。



上部消化器内視鏡検査について

上部消化器内視鏡は、いわゆる胃カメラです。内視鏡検査は、食道、胃、十二指腸の粘膜を観察することで、胃炎などの炎症、潰瘍、胃がんなどの腫瘍の診断などを行うためのものです。胃がん、食道がんといった悪性腫瘍などの他に胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎といった良性疾患の診断・検査に有効であり、「問題ないことをしっかり確認」することも重要な役目です。

胃の疾病の多くは早期の発見がとても重要です。胃がんは罹患数(なった人)では第1位、死亡数では第2位となっていますが、早期発見と早期治療により治る可能性が高まると言われています。

「オエッ」とならず、お腹の張りが早く収まる内視鏡検査

一昔前の胃カメラと違い、内視鏡自体が細くなり、解像度も上がっていますし、検査手法も進化しているため、苦痛や不快感が少ない検査が可能になっています。そのため、早期発見のためだけでなく、「問題ないことをしっかり確認」して安心するために気軽に検査を受けられる方が増えてきています。

当クリニックでは、鼻から内視鏡を入れる経鼻検査、口から内視鏡を入れる経口検査の両方を行っています。経鼻内視鏡検査は嘔吐反射の起こる場所をファイバーが通らないので「オエッ」となる反射が出にくいと言われています。鼻から内視鏡を入れることに強い抵抗感を持つ方もいらっしゃいますし、鼻腔が狭くギシギシ入ってくる感じが苦手というケースもあります。また、経口検査では鎮静剤を使うことで不快感や苦痛を大幅に抑えることができます。

それぞれ良い点、悪い点があり、お一人おひとりが最適な検査を受けていただけるよう、患者さまとじっくり相談して検査方法を決めていますので、ご不安や気がかりがありましたらなんでもご相談ください。

上部内視鏡検査の具体的な流れ

検査方法のご相談

検査内容についてわかりやすくご説明し、患者さまとご相談しながら最適な検査方法を選んでいきます。

リラックスして検査を受けていただけるよう、実際にどういった検査が行われるのか、具体的に流れをご説明しています。

準備

検査前日の夜9時以降は食事をしないでください。
検査当日の食事も禁止です。ただし、少量のお水を飲む程度は構いません。
(喫煙者の方は検査当日、朝から禁煙をお願いしています。)

検査

上部内視鏡検査は、口や鼻から細いチューブのようなカメラを挿入して、内部を明るい光で照らしながら、 食道、胃、十二指腸の粘膜の表面を検査していきます。ご希望により、軽い鎮静剤を使用してウトウトしている間に検査を行うことも可能です。
(経鼻、経口の各検査の麻酔については別にご説明しています。)

1唾液や胃液の分泌と胃の運動を抑える薬を注射します。
2横向きに寝て頂き、内視鏡を挿入します。
3食道、胃、十二指腸を丁寧に観察します。

検査時間は10分程度です。見落としがないよう通常は空気を入れて膨らませて観察を行いますが、当クリニックでは空気の代わりに検査後のお腹の張りを大幅に軽減できる炭酸ガスを使用しています。

4胃の観察が終わったら、内視鏡を静かに抜いて検査は終了です。

検査後は、5~10分ほど身体を休めていただいています。
なお、鎮静剤を使用した場合には、30分〜1時間程度身体を休めていただいています。

経鼻内視鏡について

鼻から挿入する「経鼻内視鏡」の場合には、鼻に血管収縮剤をスプレーしてから麻酔のゼリーで鼻から喉にかけて麻酔を施してから内視鏡を挿入していきます。

「オエッ」となる嘔吐反射が起こるのは舌根部ですが、経鼻内視鏡は舌根部に触れずに挿入することが可能です。そのため、鼻から喉への麻酔だけで痛みや不快感が少なく検査を受けていただけます。まれに鼻腔が狭い、鼻から出血しやすいなど経鼻検査が合わないケースもあります。

経口内視鏡について

口からチューブを挿入する「経口内視鏡」の場合は、麻酔のゼリーを口に含んでいただき、その後、麻酔スプレーで喉に麻酔を施してマウスピースをくわえていただき、そこから内視鏡を挿入します。

チューブが細くしなやかですし、経口内視鏡でも「オエッ」となる嘔吐反射が起こる舌根部への刺激はかなり軽減しています。

経口検査の嘔吐反射にご不安がある場合には、軽い鎮静剤を用いてウトウトしている間に検査を行うこともできます。

ピロリ菌検査について

強い酸性が保たれている胃の中に生息するヘリコバクターピロリ菌。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんの発生にピロリ菌が関係していることが証明されており、ピロリ菌の除菌でこうした疾患の発生リスクを有意に減少させることが可能と言われています。

ピロリ菌検査や除菌は内視鏡検査を受けてからでなければ保険診療となりませんが、ご両親やご家族がピロリ菌に感染している場合には自費でピロリ菌の抗体を調べたいと言われる方も増えています。ただし、ピロリ菌に感染していたら、それを除菌する前に内視鏡検査を受けて胃の状態をしっかり確認して、胃炎だけでしたら除菌を行い、そうでない場合には胃の疾病の治療を優先させます。

荻窪かえでクリニック OFFICIAL SITE Doctor’s File ドクターズ・ファイル 院ブログ